焦げにくい,ガラス蓋つき,焼きそば,soemon-cho.com,HTG-136,ブランド,3種のプレート付属,家電 , キッチン家電 , グリル鍋,電気鍋,たこ焼き,マルチグリル鍋,グリル,3765円,PURETONE,フッ素樹脂コーティング,鍋,/modification525599.html マルチグリル鍋 HTG-136 電気鍋 フッ素樹脂コーティング 3種のプレート付属 ガラス蓋つき たこ焼き グリル 高品質新品 鍋 ブランド 焼きそば PURETONE 焦げにくい 焦げにくい,ガラス蓋つき,焼きそば,soemon-cho.com,HTG-136,ブランド,3種のプレート付属,家電 , キッチン家電 , グリル鍋,電気鍋,たこ焼き,マルチグリル鍋,グリル,3765円,PURETONE,フッ素樹脂コーティング,鍋,/modification525599.html 3765円 マルチグリル鍋 HTG-136 電気鍋 フッ素樹脂コーティング 3種のプレート付属 ガラス蓋つき たこ焼き 鍋 グリル 焼きそば 焦げにくい ブランド PURETONE 家電 キッチン家電 グリル鍋 3765円 マルチグリル鍋 HTG-136 電気鍋 フッ素樹脂コーティング 3種のプレート付属 ガラス蓋つき たこ焼き 鍋 グリル 焼きそば 焦げにくい ブランド PURETONE 家電 キッチン家電 グリル鍋 マルチグリル鍋 HTG-136 電気鍋 フッ素樹脂コーティング 3種のプレート付属 ガラス蓋つき たこ焼き グリル 高品質新品 鍋 ブランド 焼きそば PURETONE 焦げにくい

商品追加値下げ在庫復活 マルチグリル鍋 HTG-136 電気鍋 フッ素樹脂コーティング 3種のプレート付属 ガラス蓋つき たこ焼き グリル 高品質新品 鍋 ブランド 焼きそば PURETONE 焦げにくい

マルチグリル鍋 HTG-136 電気鍋 フッ素樹脂コーティング 3種のプレート付属 ガラス蓋つき たこ焼き 鍋 グリル 焼きそば 焦げにくい ブランド PURETONE

3765円

マルチグリル鍋 HTG-136 電気鍋 フッ素樹脂コーティング 3種のプレート付属 ガラス蓋つき たこ焼き 鍋 グリル 焼きそば 焦げにくい ブランド PURETONE

<マルチグリル鍋 HTG-136>

・1台3役、「煮る」「焼く」「たこ焼き」など
 様々な調理ができる、ワイドサイズのプレート付きグリル鍋です。

・深鍋、グリルプレート、たこ焼きの3種類です。

・お手入れ簡単なフッ素樹脂コーティング加工で
 焦げ付きや傷を防ぎます。

【製品仕様】

製品名マルチグリル鍋 HTG-136
サイズ・容量本体サイズ:約幅360×高さ180×奥行353mm本体重量:約3.56kg※全てセット時パッケージサイズ:約幅350×高さ184×奥行364mm
仕様電源:AC100V 50/60Hz消費電力:1300Wヒーター:熱板式(シーズヒーター)温度調節:切、約80℃〜約230℃安全装置:温度ヒューズ240℃コードの長さ:約1.4m
生産地中国
JANコード4562350979468
注意事項●不安定な場所や熱に弱い敷物のうえでは使用しないでください。●使用時以外は、電源プラグをコンセントから抜いてください。●使用中や使用直後しばらくは高温部に触れないでください。●電源プラグを抜くときは、電源コードを持たずに必ず先端の電源プラグをもって抜いてください。●缶詰やビン詰などを直接加熱しないでください。●壁や家具の近くで使わないでください。●お手入れは冷えてからおこなってください。●電源コードやプラグが傷んだり、コンセントの差し込みがゆるいときは使用しないでください。●絶対に分解したり修理・改造はしないでください。●定格15A以上のコンセントを単独で使ってください。●水につけたり、水をかけたりしないでください。●子供だけで使わせたり、幼児の手の届く所で使わないでください。●電源プラグはコンセントの奥までしっかり差し込んでください。●濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでください。●交流100V以外では使用しないでください。






マルチグリル鍋 HTG-136 電気鍋 フッ素樹脂コーティング 3種のプレート付属 ガラス蓋つき たこ焼き 鍋 グリル 焼きそば 焦げにくい ブランド PURETONE

')

<title>マルチグリル鍋 HTG-136 電気鍋 フッ素樹脂コーティング 3種のプレート付属 ガラス蓋つき たこ焼き グリル 高品質新品 鍋 ブランド 焼きそば PURETONE 焦げにくい " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報